ニキビ跡対策スキンケアNavi

ニキビ跡の放置はシミになる - ニキビ跡対策スキンケアNavi

ニキビ跡対策スキンケアNavi > ニキビ跡の放置はシミになる

ニキビ跡の放置はシミになる

ニキビ跡を放置していたら、シミみたいになってしまった。
「ニキビ跡ってシミになっちゃうの?もしかして治らないのかしら」と心配になりますよね。
もちろん、ニキビ跡の状態にもよりますが、改善することは可能といえるのでご安心ください。
では、シミのようになったニキビ跡のセルフケアを紹介しましょう。

そもそも、シミの原因は何なのでしょうか。
それは、皆さんご存知の「メラニン色素」にあります。
因みに、シミと同じような現象といえるニキビ跡は、茶色っぽい跡になります。
ニキビ跡をそのまま放置したり、紫外線によって肌が傷つくことで、跡が残ってしまいます。
これが、シミと同じ状況で、見た目もシミのような感じになるのです。
また、紫色に沈着したニキビ跡の原因はヘモグロビンにあります。

では、シミのようになったニキビ跡はどうしたら治せるのでしょうか。
シミのようになったニキビ跡や、炎症を起こした皮膚の奥側は、ターンオーバーしないので、ターンオーバーを促進しても効果は期待できないのです。
この真皮層でおこった炎症を改善するには、正常なターンオーバーの促進が期待できる、美白効果のある化粧水や美容液がおすすめです。
また、色素沈着したニキビ跡は、そのまま放置していると、さらに悪化させてしまうので当然治りにくくなってしまいますので、できるだけ早めのケアを心がけましょう。
やはり、毎日の生活習慣の改善、正しい洗顔、肌のターンオーバーの促進がカギです。
長いこと放置してしまったから、もう治らないんじゃないか、と落ち込まず、すぐにできるケアをしていくことで、今の状態より少しでも改善していくと、悩みも少しは軽減できるのではないでしょうか。

top